天啓の治療法による治療で脳性小児麻痺(小児脳性まひ)が改善

天啓気療院の天啓の治療法による治療によって脳性小児麻痺(小児脳性まひ)が改善するなどと聞かされても素直には信じられない方が多いものと思います。何しろ、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)に悩んでいる本人は勿論、家族の方々も、そして医学に精通する医師であっても、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)が改善や正常な状態に近づくことなど絶対にあり得ないものと固く信じているのが現状です。だからと言って、簡単に諦めてはならないのです。何故なら、私のように常識では全く考えられないような能力を発揮する者も現実に存在するのです。

チャクラが覚醒し更にクンダリニーが上昇して天啓より授かった治療の能力は、気功気功治療中国気功治療医療気功治療気功療法気功整体治療、レイキ治療、鍼治療、整体治療などに用いる能力とは比較にならない程素晴らしいのです。そのことを確認する方法として、様々な治療院などと比較をして頂き、そして、改善するまでに必要な回数や経費などについても比較をして頂きたいものと願っています。

私は、チャクラが覚醒しクンダリニーが上昇してから、長年に渡り手をかざすことによる天啓の治療法による治療を実施してきました。その中で心に残る改善例の中に脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の患者の例があます。

何故心に残っているかと申しますと、他の病気などとは異なった改善と言うか回復を示すことが多いのです。例えば、手をかざして治療を行う訳ですが、その時、他の病気では身体が動き出すことは珍しいのです。しかし、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の方に対して実施した場合には、珍しいことではなく、今日までの結果では、全員と言っても言い過ぎではないほどの方々が激しく動き出しています。そして著しいほどの改善との言ったら良いのか、回復といったら良いのか、良き変化が今日までの例では全ての方に現われているのです。

この脳性小児麻痺(小児脳性まひ)について書かれた内容を検討してみると、確かに脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の場合大変な事柄ではあるが、病気ではないし悪化もしない。しかしながら改善の見込みは全く期待できないことである。と解釈できます。つまり、悪化もしないが改善もしないので、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の症状を一生背負って生きていかなければならないことになります。

さらに述べれば、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の場合、痛みを伴いながらのリハビリや、変形を取り除くための手術を実施しなければならないとも解釈できます。しかし、私がこれまでに行ってきた「天啓の治療法による治療」による治療体験内容を検討して頂ければ、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)であっても明らかに改善すると言って良いのか、回復すると言って良いのか、ともかく変化することに納得して頂けるものと思います。他の病気などの症状の改善に比較すると異なっているようにも感じます。改善の仕方が多くの病気の場合と異なる理由は定かではない。しかし、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の場合確かに改善の仕方が異なっていると感じるのです。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の場合、他の病気などの改善過程と比較すると、治療中に身体がけいれんを起こしているように動いたりすることがあります。また、好転反応と述べられる現象が現れやすいことも挙げられます。その後、考えられないほどの素晴らしい結果が現れるのです。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の場合、何故身体が動きだしたり、好転反応と述べられる現象が現れやすかったりするのかは定かではない。しかし、身体が動きだしたりすることや好転と述べられる現象が出たりすることは事実なのです。よって、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の治療を行う場合、身体が動き出すこと、好転反応と述べられる現象が出やすいことなどに対して、十分な知識が必要なのかも知れない。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の場合、これまでに行ってきた経験では、治療を実施している時に身体が激しい動きを示したり、好転と述べられる現象に悩まされたりすることも多く発生致します。多く発生すると言うより全ての方に発生すると言っても言い過ぎではないのです。よって、治療前より治療後の方が悪化したものと勘違いをし、治療を途中で諦めてしまう方もみられます。

この勘違いにより治療を諦めてしまうことを無くすためには、電話などにて同じ悩みを持つ者同士がお互いに話をすることにより、不安を取り除けるものと思っています。勿論そうする為には、信用のできるネットワークが必要なのかも知れない。何故なら、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)に対する治療を実施した場合に起こる様々な現象は、経験をした当事者でなければ理解ができないと思われる。よって、今後皆さんの意見を聞きながらネットワークについて検討をしていきたいと思っています。

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の定義について

 脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の症状が改善した複数の治療体験

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の治癒例 30代男性

私の記憶に残っている事例として、重い後遺症を引きずっていた脳性小児麻痺の男性の例を紹介したい。
 脳性小児麻痺とは、幼児期に脳が何らかの原因により傷つき、その後遺症として手足に麻痺などが現れる病気として知られています。
 天啓の治療法による治療に訪れた男性は30代。九州から飛行機で来ていたのです。
 膝から下が極端に細く、逆に腿や臀部、腹回りが異様に太い。見るからに異様であり例えようがない方でした。
 このような状態だから歩くのもままならない様子であり、互いの足がぶつからないように左右に思い切り振って、ゆっくりと進まざるを得なかったそうです。
 その足の指は内側に奇妙に沿って、常に痛めており、膿んでいたのです。アンバランスな下半身のため、普通に歩くことも階段の上り下りもできない人だったのです。
 もっとも手は普通に動くのです。そのため、電気工事の設計及び管理を仕事としていたが、ひどい汗かきですぐに紙図面が汚れてしまうそうで、一日に何度も着替えていたといいます。
 そんな脳性小児麻痺の男性は、治癒ができることなどあきらめていたが、私の書いたホームページを見て、藁にもすがる思いで尋ねてきたそうです。  私は最初「こりゃ、大変な人だなあと思いました」。
 天啓の治療法による治療による施術の効果もあったのだろうと思いますが、施術中に手をかざしている間中、体が震えていたのです。手をかざしているだけなのに、手足が勝手に震え出す。それがいつまでも止まらないのです。
「そうですね、5分くらいしてから、どんな感じですかと訊いたんです。そしたらいきなり『うわ!足が動く』と、大声を出しまして、どうやら、今まで自由に動かなかったようなのです」。
 実際、その男性は足を動かそうとすると、そう念じてから実際に足が動くまで十数秒かかっていたそうです。それが、動かそうと思って、すぐ動いたのですから、これが大きな驚きなって叫び声になったようなのです。
 これも奇跡的であるが、普通というには遠いにしても、その日のうちに、どうにか歩けるようになったのです。
 また、施術の終了後「ああ、体がとても楽になった」と男性はつぶやいたのです。
 これは、後からその男性の父親から聞いた話ですが、父親は、帰ってきた息子を見て信じられなかったといいます。
 その日、東京へ行った息子を、玄関で待っていたそうです。すると「背格好のよく似た男が歩いてくる。似たような男はいるもんだ、でも、その男はうちの息子ではない。ちゃんと歩いている……と見たら、自分の息子でした」と感激していたのです。
 その患者は1ヵ月に1回、8回ほど来ました。来る度に改善されていくのです。例えば足の指が伸びる、汗をかかなくなる、階段を上り下りできるようになるといった具合になったのです。
 汗もかかなくなったから、図面も早くきれいに描けるようになったのです。
 また、驚くことに、この男性は結婚までして2年ほど経てから奥さんを連れて私のところへ挨拶に来ています。私も感動してなにも言えなかった覚えがあります。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の改善例 30代男性

「沖縄からやって来た男性の方です。船や飛行機を乗り継いで、3日がかりで来たそうです」。
 この男性も施術中、体の震えが止まらなかった。ガタガタとからだが揺れ、ベッドがきしむほどだったのです。
 天啓の治療法による治療の施術をしたその日は宿もとっていないというので、私が住むマンションに泊まることにしました。客用の布団を敷いて横にさせたら、患者が驚いていたのです。
「横になって眠れます。横になって眠るのは、初めてです」と感激するのです。
 聞くところによると、それまで男性は体が不自由で横になることができなかったらしく、座ってうつむいたままの姿勢になり、そこに布団を掛けてもらい寝ていたらしいのです。
 この男性の場合、重い好転反応が出ました。好転反応とは、施術後快復に向かうために現れる一時的な症状のことで、よくある例としてはだるい、興奮する、痛みが増すなどがあります。男性患者は沖縄に帰ってから、連日40度近くの熱が出て、体の震えも続いたそうです。
 だが、驚くことにその後男性は、以前とは比較にならない程正常に近い状態になったそうです。それまでは膝を着いて歩くことが多かったのです。
 この男性患者も私に天啓の治療法による治療の施術で大幅に改善して、やはり結婚までしているのです。
 私は「え?縁結びですか。意識しているわけではありませんが、運が良くなる」と何時も考えさせられています。
 運気の向上ばかりではない。運動神経が向上しゴルフコンペで優勝した、記憶力が良くなった、英語弁論大会で入賞した、人間関係が改善された、コミュニケーション能力が付いたというような、理解が困難な事例はいくらでもあります。

子供を連れてきたら、いきなり学校の成績が上がるので、親が驚いたこともあります。
「倍率二百数十倍の企業に就職できた人もいました。転職の人でしたが、元々優秀だったのでしょう。500点満点の試験で497点とって、神業といわれたそうです。その人は、  国内留学で東大の大学院で勉強をしています」。
 理屈や催眠ではないから、ペットにも効く。「犬を連れてきた人もいました。興奮していた犬が急におとなしくなるので飼い主にびっくりされました」。
 この体験談などの内容を考えると、本当だろうかと考え込んでしまうような事柄も含まれていますが、全てが現実であり、本当にあったことのみを書き記していますので、是非お役立て頂ければ嬉しいです。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の治療について 男性48歳

この便りは、天啓気療院への予約の前に送られてきたものである。そして4日後に天啓の治療法による治療を実施している。その後、茶文字に表示している便りがありました。

天啓気療院 北沢先生 はじめまして、山口市在住の○○○と申します。
 生まれつきの脳性小児麻痺で、現在までに数度の手術をしております。 48才、男です。

急なお話で申し訳ありません。7月31日に受診可能な時間はございますか。
 受診可能な時間があれば、午前でも午後でも、伺いたいと思います。
 勿論先約の方がいらっしゃるでしょうから、その時はお電話して、別の日にお願いしたいと考えております。

現在も杖をついて自立歩行が可能ですが、以前より筋肉痛が酷くなってきています。
 整形外科を受診するのですが、筋肉痛については打つ手がなく、今話題のトリガーポイント等も試したのですがうまくいきません。
 マッサージも揉み戻し等で帰って辛くなり、現在は気功の先生に頼っておりますが、それでも腰痛等で朝が辛かったり、出勤後に数時間お休みを頂くことがあります。(以前は痛みと不安で寝られないこともありました)

上司等には「仕方ない」と云って頂いてますが、体調不良で職場を休むことが申し訳なく思います。両親には心配をかけてしまうので、何も話せなくなってしまっています。

痛みを気にすることは良くないと考えてみるのですが、八方ふさがりの状態になってしまっています。
 辛い状況になってしまい、精神科で安定剤も出して貰ったのですが効き過ぎてふらつきうまくいきません。北沢勇人先生、一度受診させていただけないでしょうか。

※本来なら直接お電話でお尋ねすればよいのですが、必要なことをきちんとお伝えできるか不安で、メールにいたしました。申し訳ありません。
 勤務時間中は電話に出ることが難しい場合がありますが、伝言していただければ、こちらからお電話いたします。電話番号は○○○-○○○○-○○○です。
 お忙しい時にお手間をおかけして申し訳ありません。宜しくお願いいたします。

天啓気療院 北沢勇人先生 山口の○○○。

先日は施術ありがとうございました。 暑い日とはいえ、汗まみれで駆け込み申し訳ありませんでした。 おかげさまで、筋肉痛についてはずいぶんと軽くなりました。ありがとうございました。

初めてで緊張している私に、身体のこと、気持ちのこと等わかりやすく説明して頂き ありがとうございました。新橋駅からのバス情報もありがとうございました。 これで身体と心の整理がついて、仕事も何もかもバリバリ出来ると宣言したいのですが、 今までずっと痛みのことばかり考えていたので、何かこう「痛みが消えている」ことが信じられず、 心に今ひとつしっくり来ていません。(ごめんなさい)

あれだけ、「痛みが消えたら何だって出来る」「痛みが消えたらぐっすり眠れて楽になる」と考え、先生の施術で実際楽になっているのに、月曜日の朝すっきり目覚めた時に「これで足が痛いから出来ない」という言い訳が出来なくなる」と一瞬でも考えてしまう自分が哀しいです。 これも長いこと病んでいたための汚れで、良くなるためには必要な道筋だと考えております。今度はきちんとお電話で予約して伺いますので、もう少しお力をお貸ししていただければと考えております。どうぞ宜しくお願いいたします。 それでは失礼いたします。

(施術後の身体の反応は以下のとおりです)

 施術当日 ・足がすっと前に出る。足の裏がきちんと地面につく ・痛みはないが、疲れたような感覚が足に残る(でも足は動くし腰も痛くない、不思議) ・夜、無意識にベットの上を転がり、楽な体制を探す自分に驚く。(40年ぶり)

施術翌日 ・身体全体が重たいが痛みはなく動けるのが嬉しい ・少し嬉しくなる ・あれもこれもと考えるが、疲れて寝てしまう。  施術翌々日 ・朝すっきりと目が覚める。 ・これで足が痛いから出来ない という言い訳が出来なくなる と一瞬だけ思う ・仕事を始めるが痛みが出てこない、妙に不安。 ・腰、右膝等凄く痛かったところがピクピクする。

 昨日(施術後4日目) ・今日も痛くないことが信じられない。嬉しいのだけれど痛みを探している自分に呆れる。 ・夜、額の表面が痺れたようになり、翌朝まで続くが消えた。  本日 ・仕事をするが痛みが出ない。そのことは嬉しい。 ・ただ、仕事の事だけを考えれば良いはずなのに、ぼーっとしてしまい自分が嫌になる。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の治療について 男の子 6歳

2回目の状況について記載したいと思います。

2回目の天啓の治療法による治療を受けに来たので早速始まったのですが、その時、前に受けた感想を母親に聞いてみた。すると、すごい治療方法とは本やホームページに書いてあったが、全てを信じているとは言えなかった。しかし今度は信じることが出来るようになったと語っていた。確かにこの方は、私のことを知ってから約5年後に来院していることからも納得できる。もっとも、手をかざすだけで、脳性小児麻痺(小児脳性まひ)が改善するなど、信じろと言っても信じられないのが常識と言えば常識なのかも知れない。

この子供さんの場合、つま先の返りを自由に出来ない、更には、左足に力が入りにくいし痛い為、左足を引きずって歩く、よって、走ることもままならなかったようなのです。そんなこともあり脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)で6年間も悩んでいたとのこと。それが、たった1回の天啓の治療法による治療で、確かに全くの正常とは言えないが、今までと全くと言っていいほど走れなかったが走れるようになったのだから、親である私たちも嬉しいが、本人はもっと喜んでいるとも母親が述べていたのです。

今日までは歩くだけでも不自由だったわけですが、一回目の天啓の治療法による治療の後に走れるようになり父親に靴を買ってくれと頼んでいたことは前回記載した。その翌日、新しい靴を買いに行ったとのこと。以前は、階段を一段進む為には、手すりに捕まりながら、一段ごと両足を揃えてから進まなければならなかったとのこと。しかし、その時デパートの階段をてすりなしで、どんどん上がっていく。しかもころばないで上がって行ったとのこと。2日後には、保育園で、1学年下の男の子とかけっこをして、勝ったと、とてもうれしそうに帰ってきたとも喜びを語っていた。

2回目の天啓の治療法による治療が終わって、直ぐに外に出て道路を走りたいとその男の子が言いだし出ていったのです。するとその直後外から、先生も見て見てと大声で呼んでいた。私もどの程度の改善をしているのか心配であるし興味があるので行ってみると確かに勢いよく走っていたのです。走った後に今度は、道路脇にある側溝を飛び越えたり、またいだりして見せていたのです。その様子を見ながら母親が、「夢のようだよ、今までは、歩いていても転んでいたし、走ることなど無理だった。側溝などを飛び越えたりまたいだりすることは、全く出来なかった」と述べていた。その時、いままでなんで早く連れてきてやらなかったのかと悔やんでいたようにも見えた。

その後3回目の天啓気療院にも訪れているが、その時の天啓の治療法による治療を実施した直後のことは、用事があるのでと急いで帰って行った為、正確なところは把握していない。その後来院していないので3回目以降のことについては、正確なところは把握できていない。しかし、3回目の天啓の治療法による治療の際、2回目の天啓の治療法による治療の後、信じられないほど改善してきていると喜んでいたことは事実です。

下記便りは、2回目の天啓の治療法による治療の予約の前に送られてきたものです。

おはようございます。岩手の○部○子です。14日はありがとうございました。明日会社が休みなので、2回目を受けに行きたいのですが、
  もし明日、受けられるのであれば、時間を教えてもらえると、ありがたいです。今日仕事が終わったら、電話します。
  追伸、ホームページに載せていただいてありがとうございました。
  あの短時間でしっかり状況をつかんでいただいてうれしかったです。
  次、うかがったときに、詳しいことはお話ししますが、だいたい今まで起こったことは
  14日、体中むずがゆいといって、かきむしってした。
  15日、新しい靴を買いに行く、その時デパートの階段をてすりなしで、どんどん上がっていく。ころばない。
  16日、保育園で、1学年下の男の子とかけっこをして、勝ったと、とてもうれしそうに帰ってくる。
  17日、保育園の先生に体をかいて日中集中できないので、保湿クリームなどあったら、持ってきてくださいと言われる。
  今まで、5年間、ずっと障害があってもありのままの息子をうけいれて育てていこう、幸い障害も軽いので助かってよかったと、思うようにしていました。でも、主人にうちあけ一緒に天啓の治療法による治療をうけてみて、大丈夫と声をかけてもらえて、私も助けてもらえました、病院にいっても脳性まひは治るものではない人によっても、まちまちで、どの程度のまひが残るのかも、わからない。リハビリで、どこまで正常に近づけるかといわれ。すごく心細い思いをして、育ててきたので2、3回で鬼ごっこできるようになると言ってもらえた時のうれしかったことは忘れられません。

病院が悪いとはいいませんが、経過観察だけで、心のケアはないので、たまに検査結果が知りたいだけなのではないかと思ったりします。正常にどれほど近づけることが出来るかというのであれば、リハビリもいいのでしょうが、天啓の治療法による治療もためしてみる価値は十分あります。同じように悩んでいる方々もたくさんいるでしょう。私も主人にいいだせなくて5年もたってしまいました。

経済的な面もあってやっと念願かなって行くことができました。これからは自信を持って子育てや人生を送っていきたいと思います。文書がながくなってしまい。申し訳ありません。子供の脳性まひは初めてということなので、ホームページの体験談や更新によろしければ、使っていただきたく今までの経過と報告もかねて、予約をとりたいと思いました。次回もよろしくお願いします。仕事に行ってきます。

 脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の治療について 男の子 6歳

1回目の状況について記載したいと思います。

脳性小児麻痺(小児脳性まひ)の治療体験については何度も記載してきた。しかし、その体験は成人した方々だけであり子供の治療体験はなかった。脳性小児麻痺(小児脳性まひ)に悩む方々の中には、子供たちも含まれているはずであるが、その子供に対する治療体験がなく、天啓の治療法による治療が本当に大人も子供も全ての方々に対して効果が見込めるものなのかが心配であった。

今回訪れて来た方は6歳の男の子である。胎盤はく離による帝王切開、体重738グラムで出産。1歳の時の検診にて脳性麻痺(小児脳性まひ)と診断されたとのこと。脳性麻痺(小児脳性まひ)と診断された後、多くの情報を集めようとホームページを検索していたとき私のホームページにたどり着いたのではあるが、医師が改善しないと言っているのに、手をかざしただけで改善など不自然だと思い踏ん切りが付かず、5年もの期間が過ぎてしまったとのこと。

1歳半になってもお座りが出来ずに心配をしていたが、やがてハイハイが始まったときに左足を引きずっていた為、更に心配が増してきたとのこと。その後、歩き始めると、左足、特に足首を自由に動かすことができず、注意を払わないと、少しの段差であってもつま先が当たり転ぶことが多かったとのこと。階段を上り下りする場合にも、手すりにつかまるなどして一歩づつ歩まなければならなく、その一歩も、階段一段に両方の足を揃えてからでなければ前えには進めなかったとのこと。その際にも、左足の脛の痛みを訴えていたとのこと。その為、階段の上り下りや、急いで歩いたり走ったりすることに不自由を感じていたとのこと。特に、走ることは不可能に近かったとのこと。そこで思い切って私のところを訪ねてきたとのこと。

一度目の天啓の治療法による治療が終わった直後私は、感じ方が普通の方より良いようだから必ず変化しているので、今まで何が不自由だったのか思い出しながら行動したなら、私がホームページや書籍で書いている内容が信用できるからと言ったのです。その時、その子供は、なんか分からないけど痛かった左足が痛くないので、外に出て走ってみると言い出したのです。約5分後に戻って来たとき、足は痛くないし、早く走れるようになったし、転ぶことが全くなくなったと大喜びしていたのです。その時、その子供が言ったのです。「幼稚園のみんなに自慢できる」と。この子供が言い放った言葉は考えさせられる事柄である。何故なら、子供の言葉には、駆け引きがなく正直だからである。

私はその子供に対して「何故幼稚園のみんなに自慢できるの」と聞いてみた、すると、今までは鬼ごっこなどをすると、走れない為、鬼にばかりなっていたとのこと。子供ながらにも悩んでいたことが読み取れる内容だったのです。ただ、一回の天啓の治療法による治療しか行っていないので、階段の上り下りのときの状態などは聞いてはいない。今後この方が訪れた場合には、詳しく聞いてみたいと考えている。

今日まで多くの方々から、子供の脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)が改善するかとの問い合わせはあった。聞いてはきたものの実際に訪れる方はなかったのです。確かに、病院にて診察をして頂いても、その他の情報においても改善は見込めないとされている。しかし、私のような人も実在することも忘れてはならないのかも知れない。

 脳性小児麻痺(小児脳性麻痺),線維筋痛症 女性 30歳代

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)及び線維筋痛症に悩んでいた方から天啓の治療法による治療の体験談が届いた。脳性小児麻痺 (小児脳性麻痺)や線維筋痛症などに悩んでいる方がおりましたなら、是非お役立て下さい。また、実名の公開の了解も得ていますが、ここには、仮名と致しました。なお、直接この方のお話を聞きたいは、遠慮なく私の処へご連絡を下さい。

北沢勇人先生殿

『脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)』『線維筋痛症』体験談になります。

私は、生まれつきの脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)です。

今までは、健常者と同様普通に生活をしておりましたが、5、6年前から全身に激痛を伴うようになりました。

仕事もできず、風が体に触れる、呼吸するだけでも激痛が走り、不眠症、食欲不振の生活を送っておりました。

それからというもの、『脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)』についていろいろ調べた結果、年齢とともに大変な障害であるということを知りました。知識で知った不安、恐怖感の上、現実に起こっている進行状況に戸惑いを隠せませんでした。

大阪、名古屋、東京と有名な病院へ行きましたが、いろんな検査をしても異状なしと言われ門前払いでした。病院めぐりも、3年経った頃ある病院で、『線維筋痛症』ではないかと診断を受けました。(私の場合、『脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)』もあるので進行がどこまで進んでいるかわからないということでした。

『線維筋痛症』も厄介な病気で当時は、日本の医者もほとんど知る方はいませんでしたし、どんな検査をしてもひっかからない=治療方法がないことで自殺者が多いとのこと。

現在は、元○○○○○アナウンサーの報道で全国に病名が知れ渡ることができましたが、痛みが完全にとれたという人はいないかと思います。

初めて北沢勇人先生にお会いしたときは、暖かいエネルギーに包まれ体がポカポカしました。『脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)』ということもあり全身が激しく動きましたが、治療中に痛みが軽減したので、北沢先生がおっしゃっていたことは本当だと思いました。私は、3度目の治療で痛みが全くなくなりました。あんなに苦しかったことがウソのようです!!!また、まわりの方に、肌がキレイになったねとよく言われるようになりました。

病名に全く左右されない天啓の治療法による治療も凄いのですが、一番、北沢先生の人柄に触れてみて欲しいと思います。

本当に、お釈迦様のように暖かい方です。

病気だけじゃなく、心も元気にして下さいます。今後は、治療も受けつつ、まわりの方のサポートをしてゆきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。

北沢勇人先生を紹介してくださった知人にも、感謝しております。

天啓 小百合

 脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)改善 腰痛,言語障害 男性 30歳代

本日訪れた脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方は、以前にも記載。

今回もまた、私が天啓の治療法による治療を施すと身体が患者自身の意思に関係なく動きだしたのです。今回の場合、前回の動きより穏やかになっていたのです。その動きも、前回と同様絶対にこのように動かせと命令したとて絶対に無理な動きをするのです。腕をバタバタと左右に振ったり、グルグルと回したり、そうかと思うと身体全体が捩じれたり、脚がバタンバタンと右に行ったり左に行ったりする、とても理解の出来ないような動きを繰り返すのです。

その動きは、私が天啓の治療法による治療の為にいつも使用しているベッドを2台並べても動きに対応出来ない程なのです。そこで私は、今回は妻にベッドを抑えていてほしいと頼んだが、今度来るときは家族の者を連れて来るように頼んでいたのです。よって今回は、母親が付いて来ていた。その母親に対し私は、ベッドから落ちないように見張っていてと頼んだのですから、どのような動きがあるのか理解が出来るのではないでしょうか。

治療後に私が「楽になった?」と聞いた事に対し「最初は腰が痛くて我慢ができない状態であったが、全く痛みがなくなっている」。また「姿勢が良くなったし、両手の指の関節が曲がっていて真っ直ぐ伸ばせなかったが、真っ直ぐ伸ばせるようになった」と喜んでいた。この症状の改善については、母親も勿論認めていた。また母親の話しでは、この方が、私が何時も思っていたのであるが、神の心と思えるような心の持ち主であること裏付ける内容の話をしていたのも事実です。

また、子供の時にどうしても脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)を治してやりたくて、ありとあらゆる治療を試みたが全く改善しなかったのであきらめていたとも述べていた。また更に、最初に腰痛では酷いだろうと、息子の勤めている会社の社長が私のところへ連れてきてくれたことも、気の毒なほど感謝をしていたのです。

尤もその社長さんが連れてこなければ、脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)を改善させる事ができる人が存在するなど知らなかった訳ですし、改善することもなかったのですから、感謝するのも当たり前なのかも知れない。その当たり前の感謝の心が、子供の悩みの救いともなっているようにも感じたのも事実です。

この方の天啓の治療法による治療を実施した後母親にも天啓の治療法による治療を実施しています。母親の場合は、乳がんの手術をしていること。心臓の発作が週に何回も起きること。腎臓の機能が落ちていること。肝臓の状態も優れず、会社を退社していた。勿論、一回の天啓の治療法による治療で本当に楽になっていると驚いていたのも事実です。

 脳性小児麻痺(小児脳性麻痺),腰痛,言語障害 男性 30歳代

初めて当院を訪れたのは、顔や腰は勿論、身体全体が大きく変形しており、更に腰に大変な激痛があるためであった。

早速天啓の治療法による治療を開始すると、不思議な事に顔や腰は勿論、身体全体があたかも宇宙を題材にした映画のように、エイリアンが人間の身体を食い破って出てくる寸前のように、身体の中(筋肉なのか神経なのか定かではないが)が激しくボコボコと動いたのです。その動きの激しさは、全く表現のできないように動いていたのです。もし無理に表現をするなら、現在ある肉体よりおよそ十pはボコボコと盛り上がったと言ってもよいでしょう。

一回の天啓の治療法による治療にて腰痛は全快したようです。二回目に訪れた時私は、見覚えはあるのだが誰だったのか思い出せないぐらい顔は勿論、身体の変形も改善しており「あれっ」と思うほど驚いたのです。更に初めて当院を尋ねてきた時には言葉もよく聞き取れなかったのであるが、今回ははっきりと聞き取れるようになっていて、これまた理解ができないと驚いた事を思い出します。

早速二回目の天啓の治療法による治療を始めると、腰から下全てが方向が定まらない動きをし、それこそ身体からちぎれてしまうほど激しく動いていたのです。それからあいも変わらず前回と同じで、筋肉なのか神経なのか定かではないが、とにもかくにも激しくボコボコと動いたのです。

三回目に訪れた時には、腰から上全体、特に両腕が勝手にばらばらになるぐらい、それこそ身体からちぎれてしまうほど、またまた激しく動いていたのです。四回目に訪れた時には、両腕だけが大きな円を描くように動いていたが、前回のように身体からちぎれるように激しくは動かなくなっていたのです。

私の所に来る度に身体が自分の意志に関係なく勝手に動きだし、また、表情話し方行動などが変わっていったのです。天啓の治療法による治療後この方に対して私は「良かったな」としか言葉につまり、感激をしてしまって何も言えなかった事も事実あったのです。

最初この方に会った時、私自身がとても不思議な心の安らかさを覚えていた事が思い出されるのです。病気を早く治し避けたいなら。として、愛とか自我のあり方について強調している訳ですが、この方は、幼少期に脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)になり、その後大変な苦労を重ねていると考えられるのです。しかし、そのようなそぶりは全くなかったのです。

この方の場合、両親や家族に対して感謝こそすれ、両親を恨む事もせず、自分をも悲観していないように感じたのです。そう、表現は難しいですが、慾がないと言うか、神様に遭ったならこのように感じるのかなと思うような、不思議な感じがしていたのです。要するに、私に対して、人間とは、このように生きなければならないと語りかけているような、心が洗われるような、なんとも表現のできない不思議な感覚になっていたのです。

ですから、例え難病に悩んでいたとしても、この方のように自我を捨て、病気の事を気にしないようになれたなら、想像をした事もないように不思議なほど改善していくのではないのでしょうか。もし皆さんが、病気が改善しにくい場合には、この方の心のあり方を見習う事をお勧め致します。この方の心を理解すれば、皆さんもきっと悩みから開放されるでしょうし、必ず改善すると約束できるのかも知れないのです。

ところで、今この方を考えると、大変に長い間辛い思いをしてきたのだろうと今でも感激し胸が熱くなる事があります。それに引き換え私などは、五体満足で生まれ育ったにも係わらず、両親に対して感謝などはしていないような気がして、大変恥ずかしかった事を思い出します。

よって今後は心を入れ替え、このように手をかざすだけで体にも触れず病気を改善させていく能力を授かった事を、神様、そして両親に感謝をし、より一層の修行をしなければならないと誓いを新たにしている私です。


以前にも脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)改善についてとして記載しています。本日も脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方が訪れたので、一層の理解をして頂きたく記載いたします。

私は常々脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方の場合、神そのものの心を持っているとしか言いようの無い素直で心が澄んでいる方が殆どであると述べています。本日訪れた方もまた例外ではなかったのです。

以前の体験談などにも記載しているが、脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の場合、長い間身体の正常な動きが困難なため、並々ならぬ苦労をしているはずである。しかし、こころの汚れと言うか捩じれたような根性の悪さが全く感じられないのです。そして、治療をする私に向かって、人の道とは、神の道とはこのように生きなければならないのだよと訴えているように感じるのです。その不思議なエネルギーは、表現の方法が全く無いと言っても言いすぎではないのです。

不思議な事は、脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)を患っている方の場合殆どの方が大なり小なり身体が動き出す。この方もまた、私が天啓の治療法による治療を施すと身体が患者自身の意思に関係なく動きだしたのです。その動き方は、絶対にこのように動かせと命令したとて絶対に無理な動きをするのです。腕をバタバタと左右に振ったり、グルグルと回したり、そうかと思うと身体全体が捩じれたり、脚がバタンバタンと右に行ったり左に行ったりするのです。とても理解の出来ないような動きを繰り返すのです。本日訪れた方など、どのような表現をすればよいのか分からないと言ったほうが正しいのかも知れない。

その動きは、私が天啓の治療法による治療の為にいつも使用しているベッドを2台並べても動きに対応出来ない程だったのです。そこで私は、妻を呼びベッドを抑えていてほしいことと、身体がベッドから落ちないように見張っていてと頼んだのですから、どのような動きがあるのか理解が出来るのではないでしょうか。

治療中に妻が「楽になった?」と聞いた事に対し「うん」ただ一言が返ってきたのです。妻がまた「苦労をしたのだね、良かったね」と言ったとき、何故なのか分からないのですが、胸が熱くなり涙をこらえるのに必死な自分に驚いたのも事実です。

天啓の治療法による治療後に体験する好転反応と述べられる現象の出方はどうですかと聞いたところ、以前に実施した時は、三日間程激しく身体が動いていたとのことであった。この方の場合など、好転反応と述べられる現象を良き現象と捉えていることが分かる。しかし人によっては、我慢ができないとして天啓の治療法による治療を中止してしまう方も見受けられます。本日も、天啓の治療法による治療を受けた方から、好転と述べられる現象が辛いとしてキャンセルの連絡があった。このようにキャンセルしてくる方々と、良き現象と捉える差はどこに違いがあるのだろうかと思う毎日である。

楽をして改善することが良いと考えているのであろうか、それとも、病気などの改善とは、一方通行に改善すると思っているのだろうかと疑問に思う。一方通行に改善することなどは絶対にあり得ないことも知るべきなのです。何故なら、自然の法則に反していたから病気になったのであり、その自然の法則に反していた状態から、自然の法則に添った状態に戻る為には、当然として生みの苦しみを避けては通れないのです。


私が脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方々に天啓の治療法による治療を実施したとき感じたことを述べてみたいと思います。

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)と言っても、私が実施したことがある方々は全員成人を迎えた方ばかりであることを最初に述べておきます。なぜ成人を迎えてからなのかはっきりしている訳ではありませんが、私の考えでは、脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)を持つ両親や家族などが、西洋医学の治療ではどうにもならないものが、私のような治療方法などでは改善するものとは思っていないように感じます。

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の場合には、全ではないと思いますが、未熟児などで誕生した場合、最も大事である脳に障害が残っているように感じます。私は医師ではないので、知識として把握している訳ではないのですが、私が思うには、脳内に絶対的に必用な酸素が行き渡らず障害が残っているのではないかと思います。よって私は、脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方が訪れた場合には、天啓の治療法による治療を実施する際、殆どの時間、頭部を中心に行うことにしています。

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方々に天啓の治療法による治療を行うと、他の病気などにて訪れる方々と違って、必ずと言っても良いが、腕や脚が動き出すと言っても言い過ぎではないように思います。また、激しく動く場合などには、第三者の誰かが無理やり動かしているようにも感じます。更に、肉体の中に別な生き物でも住んでいて暴れているようにも感じる場合などもあります。この体が勝手に動く理由は定かではありませんが、長い間の緊張が急激に開放されるものと考えられます。本当に凄い動きをする場合があるのです。

天啓の治療法による治療が終わったばかりでも、好転反応と述べられる現象が現れるが、数日後にも現れやすく、発熱する、体が動くため体のあちらこちらで痛みのような違和感がある、弛緩がありだるいなどが現れるようです。

脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)に悩まされている方々に驚かされる事柄がある。それは、私は病気の早期改善を望むなら、自然なる愛が必用だと何度も述べています。その自然なる愛を意識しているものとは考えにくいのですが、その自然なる愛そのものを全ての方が持ち合わせていたことなのです。それこそ「愛とはこういうものだよ」と語りかけるように。

何度も述べることになるが、病気などの早期改善やチャクラの覚醒などを望むなら、脳性小児麻痺(小児脳性麻痺)の方々の心の状態を考えてみるべきなのかも知れない。確かに、この方々場合には、長い間悩んでいたはずなのです。しかし、何故心に素直さあり澄み切っているのか分かりませんが、とにかく素直であり澄み切っているのです。治療を行っているこちら側の心までもが洗われることも事実です。また、喜びを表す行為も一般の方々とは全く違っているのです。勿論、言うまでもないのですが、改善の仕方も一般の方々とは異なっているように感じます。




■天啓気療院のインフォメーション
三重県にお越しの方|TEL.0594-87-6155  不在の場合は携帯に転送されます。
■ Address. 三重県桑名市大仲新田495番地の12
福島県にお越しの方|TEL.0244-22-6823  不在の場合は携帯に転送されます。
■ Address. 福島県南相馬市原町区深野字宮平117番地
※受付は午前7時頃より午後9時頃迄にお願い致します。
■ Mobile. 携帯にてご覧の方はこちら ■ 天啓気療院のブログ


■ 天啓気療院コンテンツメニュー

■ 天啓気療院携帯サイト