気功やり方・気功のやり方及び気功の進め方の最善な方法とは


  気功のやり方,気功治療のやり方とは,気功効果,気功の効果気功のやり方の最善な方法とは

 

 気功とは

気功(きこう)は、中国伝統の民間療法、代替治療である。それまで呼び名が様々で統一されていなかったところを1957年に劉貴珍が『気功療法実践』を著し、「気功」という統一された名が一般に定着した。と記述されています。

 気功のやり方とは

気功のやり方には、数えきれないほど多くあります。確かにそれらしき方法が「気功のやり方」として述べられています。本当のところ何れも説得するのには無理があります。なぜなら、気功という言葉一つとっても意味が曖昧だからです。気功のやり方としているのですから曖昧にしない方法として、気功に用いる功の文字の意味に注目する必要があり、気功のやり方について述べるべきです。

 気功に用いる功の文字の意味に注目する必要

気功に用いる功の文字の意味とは、経験や努力の積み重ねで出てくる効果、ききめ、功用、ベテラン、達人などとなります。要するに気功とは、見えるはずのない意識やイメージを、努力や経験を積み重ねコントロールできるようになったことを総称して気功と述べていることになります。ですから容易に気功ができるなど述べるには問題があります。増してや、気功師とか気功術師に簡単になれるなどの言い方、そして、気功のやり方などと安易に述べることには問題があります。

 気功で述べる気の意味とは

巷では、気功というと中国が本場だというイメージがあります。ところが、気の意味とは、誰でも思い浮かべるのが、気持ちの気、元気の気、空気の気、病気の気、電気の気、その様な気の気、やる気の気、本気の気などがあります。考えると分かりますが、要するに気とは、確かに存在し感じるものですが、目に見えるものではない為、気など世の中には在りはしないなどと理解される場合が多いのです。

 宇宙全体に気のエネルギーが充満している

気功では、宇宙全体に「気」というエネルギーが充満していると考えています。
 人間や動物や植物の中にも至るところに、宇宙に存在する全てのものにも「気」が存在していると考えています。勿論、目に見えるものは勿論、目に見えないものまで「気」というエネルギーが存在していると考えます。

 気功の気とは、意識やイメージによって変化する

目に見えないエネルギー「気」というものは、主に私達の意識やイメージによってコントロールされると考えます。その為「よし、やるぞ、今度こそ成功する」などという意識を強く持った場合周りの人達は、「あの人は、やる気や本気に満ちている」などと、気について話すことになります。一方、「今日は、面倒だな、嫌な人だな」という意識を抱いた場合周りの人達は、「あの人には元気もなく、やる気もない、嫌な人だな」などと、見えないはずの気について話すことになります。

 気功のやり方の方法ではイメージが重要

気功でいう気のエネルギーは、私達の意識やイメージによって左右されコントロールされることになりますから、気功のやり方に取り組み、気というエネルギーを取り扱う場合は、意識(イメージ)が重要となます。【気功のやり方では、意識やイメージによって左右されコントロールされる】という意味では、気というエネルギーは、スピリチャル的な要素の強いエネルギーとも言えます。その為、心の在り方や愛の在り方が大事である言われているのです。

 簡単な気功のやり方・方法とは

実際に、気功のやり方の方法で気を操ってみたり気をコントロールしてみましょう。 両手を近づけ(くっつけては駄目)、両手の手のひら全体に何気なく意識を集中します。
 この際、体中に満ちている気というエネルギーが、胴体から肩へ、肩から肘へ、肘から手へ、手のひらへと、流れていき、手のひらと手のひらの間の空気中をわたり、逆の手のひらへとエネルギーが流れ込んでいくイメージをもちます。もう一つ大事なことは、宇宙全体にも気といわれるエネルギーが存在していますので、そのエネルギーも一緒に取り込み送っているとイメージをし意識します。
 その際、リラックスしながら大きくゆったりと呼吸をしつつ、行うと良いのです。指先や手のひらがビリビリしたり、圧迫感があったり、と体感がでてきたでしょうか。気の扱いに慣れてきたら、宇宙全体にも気といわれるエネルギーが存在していますので、そのエネルギーをも一緒に取り込み、気を胴体から肩へ、肩から肘へ、肘から手へ、手から手のひらへともっていけるようになり、そうなると気の体感も強くなります。

 気功のやり方を植物のエネルギーで練習する

手を使った気功のやり方で「気」に対する体感が出てきたら、次は植物から気を受け取るトレーニングを行ってみます。葉が枯れている冬よりも、葉が生い茂る夏の方が、植物の気(エネルギー)が多く受け取る際の体感も大きくなります。

 気功のやり方はシンプル・意識しイメージが大事

手を使った気功のやり方で植物などに両手をかざし、植物から気のエネルギーが、自分の両手へと流れ込んでくるよう意識しイメージをします。その際も、リラックスして呼吸をしつつ、行うと良いのです。指先や手のひらがビリビリしたり、圧迫感があったり、なんらかのエネルギーが手をとおして自分の中に入ってくる体感がでてきたでしょう。この逆、つまり、自分のエネルギーを植物にあげる方法も練習すると良いでしょう。その際、植物に手をかざして、今度は、自分の手から気が植物へと流れていく意識・イメージをもちます。

 気功のやり方はシンプル,自然からも感じる

最後は大自然から、気エネルギーを受け取る練習をします。この空気中や大地には、気エネルギーが満ち溢れており、その気エネルギーが、自分の両足や、両手、頭の先端などから、自分の中に流れ込んできている、と意識・イメージして、ゆったりと呼吸を行います。その際、座って瞑想スタイルにて取り組むのも良いでしょう。

 簡単な気功のやり方の基本は気感を感じ取る

気功法は、一度、体感が掴めると、そこからは意識やイメージだけに頼らず、体感をもとに気功法が行えるようになる為、例えば「あ、今、気エネルギーが腕の部分を通過したな」などの体感を得るこが上達し早まります。
 気を感じる際のコツですが、リラックスして意識を集中させることが大切です。また、「気が散る」という言葉がありますが、気が散っている状態で気功術や気功のやり方に取り組んでも、上手くいかないので、きちんと意識を集中し、気が散らないようすることが大切です。

 気功のやり方の注意点

気功のやり方は、瞑想法などと同じでやり方を間違えると体を害したりすることがあります。偏差現象とか、クンダリニー症候群などが知られています。もっと内容の進んだ気功のやり方や瞑想法などに取り組んでみたい場合は、正しい気功のやり方や瞑想法のやり方を学べる気功の先生や瞑想法などに精通した者のもとや気功教室、瞑想教室などで取り組むのがベストなのかもしれないのです。

 気功のやり方などをを開催する者が本物の能力者であることも重要

気功のやり方などを教わる際、気功教室などを開催する者が本物の能力者であるか見分けることも重要になります。本物とは、実際に病気の治療や判断などができるかを見極めなければらないのです。単に有名だとか誰々が言っていたなどは信用に値しないので注意が必要です。なぜなら、本物の能力を備えていない場合は、本当の意味で気功のやり方など教わっても意味がないのです。それは、伝授する者以上に能力は達しないのです。そのことを自覚する必要があります。

天啓気療院代表 北沢勇人

 

改善効果を実感できる体験談や遠隔などの動画
  気功師や気功術師の行う気功,レイキ,整体などとちがう改善効果を実感してみて下さい。ただ、直接行う場合と遠隔とでは改善効果に差が生じます。

メールのご相談はこちら

気功のやり方などくわしく知りたい方のために、こちらでも解説しています

 

■気功や気功治療に優る天啓気療院のインフォメーション
東京にお越しの方|TEL. 03-5211-8288
■ Address. 東京都千代田区四番町7-7 ベルメゾン601(日テレ四番町ビル3号館)
福島にお越しの方|TEL. 0244-22-6823
■ Address. 福島県南相馬市原町区深野字宮平117番地
 天啓気療院へのメール
※受付は午前7時頃より午後10時頃迄にお願い致します。不在の場合は転送されますのでご安心下さい。
■ 天啓気療院コンテンツ