チャクラの覚醒が始まり幽体離脱が始まる

私が幽体離脱を最初に体験したのは、平成五年春頃から様々な色の強烈な光を見たり、感じたりする事が始まって半年後頃であったと記憶しています。夜になり睡眠を取り、一眠りしてふと気が付くと、あれ、自分の意識が空中に浮いていると感じたのが最初であったと記憶しております。その時、以前より、肉体と 貴方の魂は別物であって、肉体は仮の宿であると、多くの方々から話しには聞いてはいたけれど、確かにその通りに感じる事が事実であると、幽体離脱を体験して始めて納得し理解した事を思い出します。

幽体離脱とは、チャクラのあると言われる位置から、意識と言うか、魂と言うかが肉体より抜け出ると言われているのです。しかし、よく理解していなかったので、これは良い機会であると思い、どのチャクラのどの部分から抜け出るのかをじっくり様子を観察していたが、数千回にも及ぶ幽体離脱体験をしたのではあるが、どの部分から抜け出たのかは、全く意識のないまま、肉体より、意識全体が一瞬の間に肉体と意識が離れている事に気付き理解した事を思い出します。

次に、よく知られている事は、幽体離脱をする場合にはトンネルらしき空間を潜り抜けるとの表現があるが、またまた考えてみると、自分の場合には全くそのような意識がなかったのです。その後、数え切れないほど幽体離脱を経験はしているが、一度たりとも、そのような体験がありませんでした。

幽体離脱とは、現実にはどのように見え、また、感じるのか意識を鎮めじっとしていると、確かに、自分自身の肉体は横になり休んでいるのです。もう一方の自分自身の意識と言うか魂と言うかは、自由な動きのできる意識だけのように感じるのです。その意識に、自分自身の常日頃考えている内容の意識状態を問いかけると、その答えが即座に返ってくるようなのです。その答えとは、自分の寝姿を見たいと意識すると、自分の寝ている姿が見えるのです。この場合に、瞑想中であっても、寝ている場合と全く同一である事を記載しておきます。

また、過去にも行って見てはいるが、もう一度あの場所を見たいと意識すれば、間違いなくその場所が瞬時に見えるのです。そして、その過去に行った所の周囲を見たいと意識すれば、これまた、周囲が紛れもなく見えてくるのです。それから、その周囲の気温や天気、高さや距離、方向などの環境状態を知りたいと意識すると、またまたはっきりと、感覚として、視覚として、聴覚として、触覚として、やはり感じ取れるのです。

更に、距離にして何光年も遠い所に行きたいと意識しても、やはり、瞬時に移動しているのです。その距離にしたら、判別が付かないほど遠い所に意識があるのであるが、その遠い所から、地球の自分自身の住んでいる所を見たいと意識すると、なぜなのか理解できないが確かに見えて判別が付くのです。

もっと不思議なのは、その何光年も離れているはずなのに、見たいと意識をすると、見たいと意識した場所や物がどこであっても見えるのです。その時に感じるのは、その場所や物の状態は、例えば二十pの距離から見たよりはっきりと、五感全てを用いたように感覚的に自覚できるのです。はっきりしていると言うより、その場所や物に自分自身がなっているような感じと表現しても良いように、理解ができるので驚いた記憶があります。

様々な場所にも勿論行けるのですが、例えば、時間を超えて様々な時代や、その時代はどうであったかなども判別でき、更に、空間を飛ぼうとすれば飛んで行きながら、やはり判別もでき、考え、そして理解する事もできるのです。その時もやはり、距離に左右される事もなく感じられ、そして、自分自身が、その場所や物自体になっているかのような自覚でもあるのです。ですから、飛んでいる自分自身の意識も感じられるのです。そして、見ているものは勿論のこと、感じられるものもまた自分の一部として見えたり、感じたりすると考えれば良いようなのです。

その際、物が全て透けて見える場合や、自分自身の過去世と思えるような、山の中の石の崖の上にて座禅を組み、瞑想をしている状態の年寄りの男性の姿の映像が見えたりするのです。更には、様々な色に光り輝きながら見える場合などもあり、一概に、これが見えているとか、感じられるとは言えない事も事実なのです。

つまり、この宇宙にあるもの全てが、自分自身と一体で同一のものであり、更には、全てがエネルギーであり、光り輝いているものであると理解しなければならないようであり、今一つ、私自身も理解ができていなかったのです。しかし、神様とは、愛とは、何であるかとの答えが理解できた時始めて、宇宙全体が一体のものであって、そのもの全てが神であり、愛であると気付いた時、納得でき理解したような気が致します。

時々、私の所に訪ずれる方々の中にも、幽体離脱を体験した方が少数ではありますがおります。その方々に尋ねてみると、やはり、意識のあり方に左右されるようなのです。例えば、心の中に不満などが存在する時に幽体離脱をした場合には、暗いトンネルを潜り抜け、地獄のような場所の現象を見るようである。それに対して、嬉しい事があった時に幽体離脱をした場合には、天国に行ったような現象を見る事が多いようである。

従って、例えどのような意識の表れ方であれ、精神状態に影響を与える事と同様に、幽体離脱に対しても影響を与えていると考えられるのです。この事を考えると、心のあり方は、形があろうが無かろうが、そして、自分に対してであろうが、他人に対してであろうが、現象として作用することが判明するのです。よって、例えどのような件であれ、心のあり方を、よき方向に導こうとする努力はすべきなのです。

ところで、最近はと言うと、自分自身の身体からは意識が離れたとの感覚は全くなくなっております。例えば、私が寝ようとして布団に横になるか、瞑想などを始めると数分もしない内に身体自体が消え去ってなくなったように感じ、そして、幽体離脱をした時と同様の現象が起こってくるのです。つまり、幽体離脱をしているとの感覚はないと理解すれば良いようなのです。そうですね、周りにある宇宙全体のものと同化していると考えればよいような気が致します。すると不思議な現象が起こってくるのです。




■天啓気療院のインフォメーション


■ 天啓気療院コンテンツ
■ 天啓気療院携帯サイト