チャクラの覚醒クンダリニーの上昇時に
神様と和合したような感覚になる


 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方チャクラの覚醒クンダリニーの上昇時に神様と和合したような感覚

この様々な体験は、無意識の世界と一般に言われていますが、頻繁に起こるようになりました。特に、自分の過去を見たり、人類が誕生する以前のような様子が見えたり、自分の行きたい所に行けたようになったりなどがあったのです。また、寝ている感覚もありますが、自分の身体から離れているような自分をも見たり、感じたりもしていたのです。更には、なぜなのかはっきりしないが、付近のでき事が理解できたり、身体から離れて地球の遥か遠くの場所に居るように思えたり、金粉が降ってくるのが見えたり、感じたりもしていたのです。

また、金や銀に輝く建築物や庭や池を見たり、更には、光り輝く光の世界(仏教の教えではマンダラの世界などと表現されています。)と言うに相応しい世界を見たり、生物が海から陸に上がった時代と思えるような状態を見たり、生物が海の中で誕生した時代と思えるような状態を見たり、感じたりしていたのです。とにもかくにも、理解も、訳もわからないような事が頻繁に起こっていたのです。

サハスラーラチャクラの活動が活発になり、覚醒が始まって暫らくたった夜に、一眠りして、あれ、今日の様子はいつもと感覚が違うなと思っていると、自分自身の身体から離脱した意識が、あたかも、普段の瞑想をしているように座禅を組みながら、空中をゆっくりと上昇して行く姿が見えたのです。

これは、何であろうかとビックリしながら観察をしていると、やがて、様々の色にて光り輝いていて空の上に浮かぶ雲海のようになったところを突き抜け、その雲海のように見える所にゆっくりと着地をしたのです。その時、不思議に思ったのは、なぜに、雲の上のようなのに自分の重みで落ちてこないのか、またなぜ、このような所があるように見えているのかなど、不思議で理解ができなかったのです。

ところが、もっと不思議な事は、遥か遠くには、多くの方達が神様といっているのはこれだなと思えるような、本当に素晴らしく、まばゆいばかりの色とりどりの光を、強烈にこちら側に向かって放っている光り輝く塊の中心部が見えたのです。

暫らくすると今度は、自分の意識に全く関係がなく、座禅を組んだまま、その光りの発生源に吹い込まれていくのです。その光りの発生源に極近くなった時、吸い込まれるスピードが極端に遅くなったのです。そこで、よく観察すると、五段ぐらいの階段があり、その天辺部分には光りの発生源があるように見え、そして、感じるのです。しかし、そこには、よく言われる神様らしき姿は全く見えないし、感じられなかったのです。

そこでもう一度よく見ると、極端に大きな人型のようなものが、あぐらをかいているようには見えるのです。その人型のように見えたものが、光りを放っていたと理解する以外はなかったのです。その後、また暫らくすると今度は、私の意識が、座禅を組みながらその階段を滑るようにゆっくりとしたスピードにて昇り、その光りの発生源に溶け込んだのです。その光りの発生源に溶け込んだ時、私は、神様と一体と化し、和合したように感じ、安堵感と満足感で興奮していた事を思い出します。

この場合に体験した、安堵感と満足感は、普通では全く体験が無いため、表現できないほどであったとしておきます。それほど凄いのであり、体験した方でなければ味わえないような気が致します。

また、本当にその光りの塊の中に私自身がいるかのような感覚になったり、そして、見えたりと不思議な現象ばかりがあったのです。その後も、同程度の光に溶け込むことは何度かあったのですが、座禅を組んだままに溶け込んだとの意識はなく、意識のみが一気に溶け込んでいるのです。




■天啓気療院のインフォメーション


■ 天啓気療院コンテンツ

■ 天啓気療院携帯サイト