チャクラの覚醒が始まり身体が光り出す

この現象は、幽体離脱の体験が始まった頃とほぼ同時で、平成五年春頃から様々な色の強烈な光を見る事や感じる事が始まって、約半年後頃から始まったと記憶しています。

夜、布団に入り一眠りしてリラックスした時や、瞑想をしている時、または、椅子などに掛けてリラックスしていた時などの場合に、目を閉じると、自分自身の体が光り輝くのが見えたり、感じたりしていたのです。その光とは、最初の頃は、黄色であったり、やや緑色であったり、銀色や金色などの色が付いていたのですが、回を重ねる毎に光りが段々と強い光に変化して行ったのです。

その光りは、やがて、色が付いているとは思えない、そして、言えないようになって行ったのです。ところが、やはり、光り輝いてはいるのですが、その光りを例えれば、複数個の真夏の昼の太陽を背に受け、正面には小波のある湖があり、その小波に太陽の光りが直接当たり、反射しているようであると理解すれば納得ができると思います。それほどに強力な光であったのです。この身体が光り輝く事も、やがては鎮まり、現在ではきらきらとは光り輝く事はないのです。

ところで、現在の場合には、夜、寝ようとして目を閉じたり、瞑想を始めようと目を閉じた場合などには、数分もしないうちに、全てのものが透明に近い状態に透けて見えたり、感じたりするのですが、自分自身の身体もまた、透けて見えたり、感じたりするのです。その際、ものであっても、自分自身の身体であっても、透明に近い光により、きらきらはしていないが、やはり、輝くのであり本当に理解のできない現象があるのです。

 


 


■天啓気療院のインフォメーション


■ 天啓気療院コンテンツ
■ 天啓気療院携帯サイト