精神世界で述べている因果応報及や業及び輪廻転生について

気功術やレイキに優る効果を証明する体験談


 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方因果応報や業(カルマ)などと述べられるもの

チャクラの覚醒及びクンダリニーの上昇体験をしたとは言え、残念ながら因果応報や業(カルマ)などと述べられるものに対しては限界があるようです。この事柄から判断すると、因果応報や業(カルマ)などと述べられるものは大変重要な事柄であり避けては通れないように感じます。

仏教の大切な教えの一つに縁起(因果応報や業(カルマ)などと述べられるもの)があります。すべての事象は空間的な依存関係や時間的な因果関係で成り立っているということです。それは私達がすべての人たちに支えられ、蟻一匹落ち葉一枚のおかげで生きているということです。またすべての事象が原因となって次の事象(結果)を生んでゆくという帰結の法則です。

それはまた、良い原因でも悪い原因でも自分が考え行動した結果は必ず自分に表れてくる、因果応報や業(カルマ)などと述べられるものの法則でもある。この因果応報や業(カルマ)などと述べられるものの場合を考えてみれば自分には全く関係がないと言うわけにもいかないのです。

「自分で撒いた種は、自分で刈り取らねばならない」というキリストの言葉と同じです。欲望によって人に与えた苦しみはいつか必ず自分の苦しみとなって還ってきます。原因と結果が時間を置いてしまうことと、苦しみを与えた相手と苦しみを受ける相手が異なっていることから私達にはこの法則が見えにくいのです。勿論善因善果で良いことをした結果も必ずいつか報われることになります。人の運不運は、過去に為した原因の結果であると述べられています。病気に悩む場合や改善しにくくなっている場合などもやはり同じでであると言われています。

太古の昔から因果応報や業(カルマ)などと述べられている事柄は脈々と現存しているのです。ですから、貴方がこれまでに行ってきた行為が正しいものであった場合には、判断する事柄は正しいことになるのです。またその反対のこと、つまり、これまでに行ってきた行為が正しくない場合、正しい判断ではなく誤った判断をすることになるのです。よって、どの治療法を選択しどの治療師を選択するかなどにも影響を及ぼすことになるのです。

縁ある方々もまた、因果応報や業(カルマ)などと述べられるものを排除しては考えられない事柄であることを自覚すべきです。つまり、私の行う治療方法を選択するか、他の方の治療方法を選択するのもまた因果応報や業(カルマ)などに由来するのです。また、病気などの現象は、業(カルマ)が深い方ほど改善しにくいように感じます。ですから、改善しにくいと思った方は、因果応報や業(カルマ)などによるものか考えてみることも必要なのかも知れない。更に、一般に言われている運もまた因果応報や業(カルマ)などに由来するものと考えなくてはない。

どのような理屈を付けても、この因果応報や業(カルマ)などと述べられるものをないがしろにすることは決してできないのです。「病気の種類は勿論のこと、改善することが可能かも決まってくる」としか言いようがないのです。要するに、責任逃れや裏切り行為、他人を落とし入れるなどの行為(業(カルマ)を積む)は絶対に慎むべきです。例えば、ブログや掲示板などに、あの人は間違っているとかうそを言っているなどと書き込みをしていながら、本当のことを書いているのだから誹謗中傷にはならないなどの言い逃れをする方がありますが、どのような内容であっても全てが正しいことだけとはならず、誹謗中傷どころか、今後幸せになろうとする方々にも悪影響を与える場合もあります。よって、このような行為に及ぶ方もまた著しく改善が難しいし、取り返しの付かないことを体験するように感じます。この行為こそが、業(カルマ)を深める行為なのです。

考え方によっては、好んで病気になろうとしたり不孝になろうとしたりすることはないはずです。しかし現実は、好むと好まざるとに関係なく病気になったり不幸な事柄が発生します。その発生する事柄を心を静め冷静になりよくよく考えと、納得することばかりが発生していることが理解できるはずです。

業(カルマ)などを軽減し改善しやすい方になるには、改善しやすい方の条件 を参照。


 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方輪廻転生について

輪廻思想は、仏教以前からあった考え方ですが、それは仏教の背景にあって、仏教倫理の根幹を成しています。輪廻思想では、人は仏(完成した人間)になるまで生死を繰り返し、自らの不完全性を正す目的で何度もこの世に生まれ変るとされています。

そして因果応報や業(カルマ)などと述べられるものや依存の帰結は、業(カルマ)や人の縁として次の人生に繰り越されます。幸いにも近年、退行催眠や臨死体験、前世記憶などの研究によって、科学的な態度でこれらを理解することができるようになりました。

それによると、人は自ら為した過ちを正すため、それに適した境遇を選んで納得して生まれてくるということです。ですから、どのような境遇にあってもそれによる苦難には前向きに立ち向かい、それを解決してゆく態度が人生に求められます。苦難の原因を解決することによってのみ、人生の成果が得られるのです。


■天啓気療院のインフォメーション


■ コンテンツメニュー

 


■ 天啓気療院携帯サイト