気功とは・気功についての一般的な捕らえ方


 気功とは・気功治療効果,気功やり方気功とは・気功についての一般的な捕らえ方

気功(きこう)は、中華人民共和国 で編纂された 中国 伝統の各種養生法を 中医学 に基づき再編した 健康法 であるとされ、1957年 に劉貴珍が『気功療法実践』を著し、気功という名が一般に定着したと伝えられています。

 気功とは・気功治療,効果,気功やり方気功とは・中国での状況

気功の基本は、心身のリラックスにある。中国語 では体のリラックスのことを「放鬆」(ほうしょう)、 の安定した状態を「入静」(にゅうせい)と言っていて、両者を合わせた「鬆静」(しょうせい)状態が気功を行なうときの基本となっています。心身が安定してゆるんでいる状態で、動作、呼吸、イメージ を用いて、総合的に心身の自己コントロールを行なうのが気功の特徴である。また、スポーツでは筋肉を鍛えるが、気功は内臓を鍛えるともいう。更には、心をも鍛えると言われています。

気功の源流は、陰陽五行思想、古代医術や シャーマニズム、中国武術、導引や 按摩 など民間の養生法、仏教道教 などの宗教の修行法など多岐にわたる。そうした様々な行法の中から、病弱な人でも自分でできる効果が高いものを選び、簡単なことの繰り返しで成果が上がるように工夫されてきたのである。日本 からは岡田式正座法、霊動法などが伝わり中国気功治療に影響を与えたと言われる。また、例えば インド の ヨーガ はヨガ気功とも言われていた。

中華人民共和国では 中医学 の 経絡 理論などと結びついて、健康法として簡化 太極拳 と 同様公園などで広く行なわれていた。また、一定の医療効果を上げてきたので、中国では病院や療養所などで気功科を併設している場合もある。そうした、医療 健康面での功績のために、布教活動が禁止されている中国の中でも、気功と言えば宗教的な色彩のものでも容認される傾向が生まれ、1980年代以降、新しい 宗教気功が次々と現れた。その結果、中国政府は共産党に批判的な法輪功を弾圧し、1999年法輪功 事件に至った。

法輪功事件以後、集団で気功をすることの規制が厳しくなり、現在の中国では郭林新気功など一部の公認グループを除いて公園で気功をしているのを見なくなった。中国では現在、健身気功という政府公認の気功を編集しています。

 気功とは・気功法,整体,気功やり方気功とは・一指頭禅(いっしとうぜん)

一指頭禅(いっしとうぜん)とは、指の先に気を集中させる気功のことである。派によって、さまざまな一指頭禅が伝えられています。たとえば中国のある仏家気功においては、入門希望者の資格試験として行われる。師は、だまって親指を一本立てて入門希望者に見せる。入門希望者は、親指の周囲の気の形を答える。つまり気の形が見えるものは入門を許され、見えないものは入門を許されない。中国気功治療においては、気は目に見えて当然というわけなのである。日本の における 公案 の一指頭禅とは、その内容をまったく異にする。

 気功とは・気功治療,効果気功法,気功やり方気功とは・日本・台湾の状況

日本列島台湾島 では 中国大陸 と交流が深く、中国国内のような規制がないため、気功各派の自由な交流があり、武術、健康法や民間体育、各国の伝統療法、現代の臨床心理療法などとも結びつきながら、様々に深化発展しています。

分類では、体操呼吸法とイメージトレーニング を併せたような内気功と、その応用として 超能力 的な外気功とに大別される。さらに、外気功を二つに分け、美容や治療を含めた健康面に関する気功を軟気功、護身術など相手を倒したりするものを硬気功と分類する場合もある。

 気功とは・気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方気功とは・気

気は目には見えないが何らかの働きのあるものととらえることができる。伝統中国医学 では気血と言えば、具体的に体を巡っているものと考えられ、西洋 医学 で 血液血管 を巡るのと同様に気は 経絡 を巡るものと考えられています。鍼灸 治療はそうした気血の巡りをよくすることに主眼がある。

気功の気は、明らかにこうした 中医学の「気」のニュアンスを強く持っています。実際には、気は体内に、ある変化として感覚されるものを指すことが多い。そうした気の感覚のことを気感と言う。ま た、気は伝わる性質を持つ。例えば人から人へと瞬時にある状態が伝わる。そうした現象を利用して外気治療などが行われることがあるが、あくびや笑いが伝染 するように、そうした気の現象は日常生活の中に常にある。また、公園で樹木と向き合ったり、海辺で波を感じたりしながら、自然界の気と交流することも気功ではよく行われています。気功の修練を積んだものは、気を目視することができるようになるという。

 気功とは・気功治療効果,気功法,気功やり方気功とは・気とは

気の原義は、流れる の 象徴であり、流動し変化していくことが気の本質である。その意味で、気とは目に見えない自然の働きそのものととらえることができる。また、伝統中国医学で は、気が足りないこともまた余分にありすぎることも病気の原因とされ、体内の気の流れを良くしバランスをとることが重視される。

また、中国の思想の中では気の概念は欠かすことができない重要なものだ。老荘思想 でも、中国武術 の世界でも、中医学 でも、「気のせい」と言うような漠然としたフィーリングのことではなく、具体的な作用を持つある意味で生命エネルギーとも喩えられるものとして共通の感覚を持って語られてきた。

ただし、一口に気といっていも、実際はさまざまなものを、一括して気と呼んでいます。その為、人によって気の説明が異なることもある。気功師 によっても見える気が異なっていて、暖かく感じたり冷たく感じることもあるという。

調査したところ、手のひらなどから大量の赤外線が出ていることが判明。 この赤外線により、催眠などの特殊効果をおこす。ただし、赤外線が出ているというのは温度が高い事の言い換えである。

 気功とは・気功治療,気功法整体,気功やり方気功とは・催眠、療養と気功

気功による治療、外気功は暗示による 催眠 効果、偽薬 効 果であるという主張する向きもある。しかし、外気功による幾つかの実験では被験者の視界の外、つまり被験者に気付かれない所から外気功を行なっても気功の 効果があったと言う事例もある。 最近の研究では、気功による療養のメカニズムとして、気功師は自分の手の体温を上昇させることにより独特な 遠赤外線 を発生させ、これが人体のツボに作用していることが発見されています。

一方、イメージトレーニング、自己催眠の 自律訓練法やトランスパーソナル心理学 と気功は共にある種の観応現象を利用して無意識の変化を促すという部分で非常に近い面がある。

 気功とは・気功治療,効果整体気功やり方気功とは・錬功(れんこう)

錬功(れんこう)とは、気を練ること。練功とも書く。気功の修行は練習とは言わず錬功という。気功では難しい動作ではなく単純な動作を繰り返し行い、気を鍛錬する日々の積み重ねが大事とされる。

 気功とは,気功とは,師,気功法やり方気功とは・気の見方

気は修練を積めば、誰にでも見えるものだと言われています。次に紹介する方法で確認できるかもしれない。

部屋をやや暗くして、光源を背後になるようにし、黒い壁などに向かって両手の手の平をかざし、手の甲を自分に向ける。その後、手の平を左右に揺らしてみる。そうすることにより、手の平の前方に、やや黄色の薄い色をしたものが陽炎のように見える。目を細めて見ることによりより鮮明に見えてくるので挑戦をしてみると良い。黒い壁などではなく、黒色の服装に向かって手をかざしても同様のことが言えるので是非実施してみると良い。何度も挑戦することによりより鮮明になってくると思うので是非実施してみると良い。
 なお、手に気を感じる為には、手の平の力を抜き、手の平を自分自身の方行に向け、じっと見つめる方法が手っ取り早いのかも知れない。実施してみる価値はあるとも思うので、是非実施してみて下さい。

ただし、この方法によって見えるのが本当に「気」であるのかどうかは不明なので注意が必要である。




■天啓気療院のインフォメーション


■ 天啓気療院コンテンツ

■ 天啓気療院携帯サイト