気功,気功師,気功術,気功瞑想,気功教室,気功療法,気功治療,気功超能力者,気功ヒーリング,気功

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方気功術や気功治療,気功整体に優る効果の天啓気療のサイトマップ 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

気功やレイキなどと比較できないほど優れている天啓気療  私、北沢勇人より挨拶  気功術や気功治療に優る天啓気療の能力の効果を発揮
天啓気療とはどのように実施する、その時の感じ方や改善の様子など  病気にならない為の教訓とは  天啓気療院に寄せられた多くの体験談
天啓気療と気功や気功師が行う治療の効果の違い  天啓気療にて改善する症状や病名など  気功治療などに優る天啓気療を受ける間隔について
天啓気療で期待できる成果や治療の効果について  質問に対する回答  天啓気療が気功やあらゆる療法に優る訳  書籍の刊行について
優れた治療師か簡単に見分ける方法  リラックスする方法・自律訓練法について  天啓気療が初めてで不安を感じる方へ  案内地図,連絡先,料金など
北沢勇人のプロフィール  天啓気療の治療方法や体験談集・質問回答など  私、北沢勇人の病気体験から得ること
天啓気療後体験する好転反応と述べられる現象  気功術や気功治療などに優る効果の天啓気療・携帯電話モバイルサイト

 

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方精神世界へようこそ・普遍なる父の愛と母の愛 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

 すべての人に父と母がいます。不幸にして幼いときに親と死別したり、生き別れたりした人もいることでしょうが、たいがいの人が父母の愛を享けて人として成長します。普遍なる父の愛も母の愛も、どちらも誠に偉大なる愛だと思います。愛はすべての人間に生来的に植えつけられているものであり、誰もが愛に依存して生きています。愛なしに、人は生きることはできません。愛は、人間の、否、万物の生来的な属性ですけれども、子にそそぐ親の愛は神の愛と言い換えてもよいものでしょう。親の愛は、それが父の愛であろうと、母の愛であろうと、我が子という分身にひたすら与え続けるだけの純粋な愛です。それは真に神の愛と言えるでしょう。

 子に対する母の愛は非常に強く、子供に何事かが起ころうものなら、母親は自分がその身代わりになってでも子供を守ろうとします。母の愛は、一面で盲目的とも言えるほどに我が子に対する愛情が強く、そして子供との一体感が強いようです。一方、子に対する父の愛は、母の愛に劣らずとても強いのですが、母の一途な愛情よりも非常に理性的な愛情のようです。人によっては、母親であっても、子供に対して理性的に接することができる人もいるでしょうし、また、母親が子供を深く愛する以上に子供を溺愛する父親もいることでしょう。けれど世間一般的には、やはり子に対する母親の愛情は、父親のそれよりも盲目的、盲愛的と言ってもよいのではないでしょうか。母親の、我が子に対する、盲目的とも言えるほどの一途な愛情を非難することは決してできませんし、それほどの強い愛情はなにものにも替えがたいほどにすばらしいものではあります。けれども、それが単なる溺愛か、あるいは自己愛の変じたものであれば困りものではあるでしょう。

 獅子の母は、自分の仔を千尋(せんじん)の谷につき落とすと言います。そして仔らが自力で這い上がってくるのを見守り、生き残ったものを養育するという話があります。地上の厳しい生存競争に生き抜いていく力を仔らに身につけさせるために、獅子の母親は愛しい仔らをあえて苦難の中に置くという、まるで仔に対して母性愛が欠けているかのような行為を為しますが、実際には仔に対する母の愛が強いからこそ、そのような苛酷な試練を仔に与えることができるのでしょう。獅子の仔落としは、子供に対する母親の強い愛を示す譬え話でしょうが、真実の愛によって裏打ちされた苛酷な試練や成長の機会を我が子に与えることができる母親が、果たしてこの世の中にどれほど多く存在するでしょうか。

 世の多くの母親が我が子を深く愛しているのは事実なのですが、けれども時にそれは、子供を私物化して母親自身の自己愛にすぎない場合も多々あるのではないでしょうか。母親というものは常に子を強く愛するものですが、それが単なる溺愛や、母親の自己愛が変じた盲愛にすぎない場合があって、我が子に理性的になれない母親もずいぶんと多いようです。愛情豊かで、しかも理知的な母親であれば、子供の自立と精神的な成長を考えて、子供を愛育するでしょう。子供が人に頼らずとも、自分自身の智慧と力で生き抜いていける能力を身につけることを願って、賢母であれば、ときには子供にとって成長の機会となるような厳しい試練や苦難な状況に、あえて我が子を直面させるようなこともするでしょう。試練や困難に直面して、子供は忍耐力を養い、克己心を身につけ、精神的にたくましく成長するのです。我が子が人として立派に成長することを願って、子を慈しみ養い育てる、そのような母の愛には微塵も自己愛が入りこみません。それこそが純粋な母性愛と言えるのではないでしょうか。

 母は子に対して、子が精神的に成長できるようなさまざまなチャンスを与えるでしょうが、そのチャンスをどう活用するかは子供自身に任せておくでしょう。与えられたチャンスを子供が生かすことができるかどうかは、子供の能力によることです。親は、子供にチャンスを生かすように強要したり、チャンスをどのように生かすかというようなことまで子供に指示したりしません。そのようなことをすれば、子供が自分自身の力によって精神的に成長できる機会をむざむざ潰してしまうことになるからです。子を愛する母は、あくまで子供が成長できるような機会を作るだけであり、子供が与えられた機会を如何に生かすか、それについては子供に任せておくのです。子供がせっかく与えられた良いチャンスを生かすことができなかったとしても、それはそれでよいのです。と言うのは、子供には、その時点ではチャンスを生かす力がなかったからです。そのような場合、賢明な母親であれば、子供のその時点での実力の相応した、より容易な形式で、智慧や能力が少しでも身につくようなチャンスを子供が得ることができるように、慈愛の目で子供を見守りながら導いていくでしょう。

 成長のチャンスは、子供にとって喜ばしいものばかりではなく、辛く厳しいものである場合もあるでしょう。母獅子がその仔らを谷につき落として、仔らが這い上がってくるのを見守るように、聡明な母親であれば、子供が人として立派に成人するように、子供にとって喜ばしいものも、厳しくて苛酷なものも、成長のチャンスとして与えることでしょう。子供にとっては如何に厳しく苛酷な試練であっても、子を深く愛する母であれば、ときには毅然としてそのような苛酷な試練を子供に与えるでしょう。さもなければ、子供は精神的に成長できないからです。ときに子供は母の厳しさに恐懼しますが、後になって母の、山のように気高く、海のように深い愛に気づかされるのです。子に対する愛情が深ければ深いほど、母は子が精神的に霊的に大きく成長するようにと、如何なる自己犠牲も厭わず、そして子の前に自己を滅しきるのです。

 子に対する父の愛は、母のそれよりもはるかに遠大なようです。母と子は密着していますが、父は子から離れているように見えます。けれども、父の愛も、母の愛同様に非常に深いのです。父の愛は、子を途方もなく大きく包みこむ愛とでも形容できるでしょうか。父性愛は、母性の一途な愛よりも遠大で、かつ包容力に溢れているようです。子を深く愛する母をも同時に包摂してしまうような大きな愛と言えるのではないでしょうか。ともすると、子に対する母の愛のほうが大きく、そして母と子の絆も強いように見えてしまい、父と子の関係は、母と子のそれよりも希薄であるかのように見えるかもしれません。けれどもそれは、母性愛と父性愛という、それぞれの愛の顕れかたの違いであって、質の違いではないでしょう。父性愛はより理性的であり、母性愛はより情的と言ってもよいのでしょうか。理性的、情的という言葉で、子に対する父と母の愛を一般化することはできませんが、それぞれの愛の特質を幾分かは表しているかもしれません。

 普遍なる父の愛と母の愛、どちらの愛も尊く、神々しいほどに崇高です。父母の愛を享けるだけの子としての身には、この神聖な愛に報いる方途がなく、我が身の至らなさが嘆かわしく、切なさと悲しさが増すばかりです。子から父と母に対してなんらかの形で報いるなどという不遜な考えを持たずに、自分が精神的に霊的に成長することによって、父と母のように純粋な愛を体現した人間になることだけが、父母の恩愛に報いる唯一の道であるように私には思えるのです。

 

気功,気功 脳性麻痺に線維筋痛症治療に気功治療脳性小児麻痺に気功療法脳性麻痺症状と気功治療気功瞑想教室,気功治療,気功治療超能力治療,ヒーリング治療,気功治療,うつ病治療に脳性小児麻痺治療に気功治療脳性麻痺の症状に気功治療などに圧倒的に優る天啓気療ヒーリング