気功,気功師,気功術,気功瞑想,気功教室,気功療法,気功治療,気功超能力者,気功ヒーリング,気功

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方気功術や気功治療,気功整体に優る効果の天啓気療のサイトマップ 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

気功,気功師,気功療法などに優る本当に意味ある治療効果の天啓気療 私、北沢勇人より挨拶  気功術や気功治療に優る天啓気療の能力の効果を発揮
天啓気療とはどのように実施する、その時の感じ方や改善の様子など  病気にならない為の教訓とは  天啓気療院に寄せられた多くの体験談
天啓気療と気功や気功師が行う治療の効果の違い  天啓気療にて改善する症状や病名など  気功治療などに優る天啓気療を受ける間隔について
天啓気療で期待できる成果や治療の効果について  質問に対する回答  天啓気療が気功やあらゆる療法に優る訳  書籍の刊行について
優れた治療師か簡単に見分ける方法  リラックスする方法・自律訓練法について  天啓気療が初めてで不安を感じる方へ  案内地図,連絡先,料金など
北沢勇人のプロフィール  天啓気療の治療方法や体験談集・質問回答など  私、北沢勇人の病気体験から得ること
天啓気療後体験する好転反応と述べられる現象  気功術や気功治療などに優る効果の天啓気療・携帯電話モバイルサイト

 

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方精神世界へようこそ・自立と依存 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

 人は支えあって生きています。この世の中で人々が互いに助け合うことは必要なことですし、善いことだと思います。しかし、人が支えあうことと、人に依存することは、その意味が違います。人間は一人で生まれ、一人で死んでいかなければなりません。死に臨んで、自分に最も近しい人と連れ添って彼岸に往けるわけではありません。この世に生を享けて人間として生きるかぎり、人間とは基本的に孤独なものであり、そして一人で生き抜く強さがなければならないのです。すなわち、人間は常に自立していることが求められているのです。人間は、基本的には自立していることが求められてはいますが、自然の大いなる摂理によって自己の分身である伴侶を得て、この現象世界における人間生を互いに助け合って生きることができるようになっています。霊性において互いに分身である男と女が結婚して子供をもうけて、そして無私の愛を以って子供を育み、立派な成人として独立させることができたならば、人間として果たすべきことを果たしたことになります。そして老齢に達した親は、成人した子供から物心両面に亘って支援を受けて晩年を心安らかに生きることができるでしょう。人間は、この地上での生において人々と互いに助け合いながら、今生で為すべきことを完遂して、そして次なる進歩向上の生へと向かうのです。自立している一個の人間が伴侶を得て子を生し、老いたならば子から助けを受けて安心立命の境涯に至る人間の生は、霊性における輪廻転生と同様に、物理界における人間の生が神の摂理によって順々と続いていく循環の輪の様相を示しているように思えます。神の摂理、宇宙の法則とは誠に不可思議なものだと思います。

 しっかりと一個の人間として自立し、自分自身で生計を立てている人は、当然のことながら他者に依存する気持ちは持っていないでしょう。けれども、世の中で生きていく上で大切なものである、人と助け合う精神は自然に身にそなわっていることでしょう。精神的にしっかりと自立している人は他者に依存する気持ちは持たないと思います。なぜなら、人に依存することは、人に迷惑をかけることであると知っているからです。この世の中で生きることは誰にとっても大変なことです。一人で生き抜いて人生を全うすることさえ大変なことであるのに、人に頼られ、その人の面倒も見なければならないということになったら、それは人の二倍の苦労を背負うことになります。ですから、人に依存することは、人に迷惑をかけることであると、万人が心すべきことでしょう。たとえ親子であっても、親が子供に依存する気持ちを持ってはいけないでしょうし、また、成人した子供が親に依存してはいけないでしょう。夫婦であっても同様でしょう。生活の資を夫が稼いで、妻は夫によって扶養される形式を取るかもしれませんが、妻は基本的に自立していなければならないのです。妻が精神的に自立した上で、夫と共に家庭を築いていくならば、その家庭における夫と妻は人間として対等の立場にあることでしょう。妻が自立しておらず、精神的にも物質的にも夫に依存して生きるならば、その妻は夫の従属物となり、一個の人間として生きる権利を放棄していることになるのではないでしょうか。

 人に依存することと、人と支えあうことは、その意味が違います。人に依存することは、自分の力で生きようとしないで、自己の生を放棄してしまって、人に自分の人生を預けてしまっているようなものです。それは人にすがって生きることであり、寄生虫のようなものでしょう。精神的に自立していない人間は、常に人に依存する気持ちが強く、自己の人生を自分自身の力で生き抜くことができないのです。自立している常識的な人々の目から見れば、そのような人間は厄介者として映り、関わりを持ちたくないと思うのではないでしょうか。なぜなら、人間は誰もが、余分な厄介を抱え込むことを望まないからです。従って、依存心の強い人間は、人々から敬遠されて孤立してしまいがちであり、そしてまた、人に頼ってばかりで自分自身で生き抜く力と智慧を培うことをしなかったことにより、ますます自信喪失となって、その結果、惨めな人生を送ることになってしまうのです。若いうちは健康で、身体に問題を抱えるようなこともなく、周囲の人々に甘えの心で依存して少々の迷惑をかけても見過ごしてもらえるかもしれませんが、年齢を経るごとに甘えはきかなくなり、そして身体の自由がきかなくなりほどに老いたとき、悲しみの老後の生がその人を包み込むでしょう。自立心を持たなかった人間の生ほど悲しいものはありません。ですから、人間は、自分自身が自己の生の主人公であり、そして自己の生を慎重に導いていかなければならないという、人間の生の在り方と生きることの意義に早く気づいて、しっかりとした自立心を確立しなければならないのです。現在のところ、女性は男性に比して肉体的にも社会的にも弱いものですから、女性が自分の人生を大切にしたいと思うのであれば、自立心を持つことの重要性をしっかりと心に留めるべきではないでしょうか。

 人と支えあう、あるいは助けあうということは、まず自分が自己の生を導くのであり、その上で人と支えあって生きていくという意味であり、自己の自立なくして、他者と助けあって生きることはできないということを、人は理解すべきでしょう。そこには自己の生に対して責任を負う自覚があります。自分が自己の生の主人公であるということは、人に迷惑をかけないかぎり、どのように生きてもよいわけですから、生における可能性が大きく広がって充実した人生を送ることができるでしょう。けれど人間は、人々が寄り集まって構成されている社会の中で、その一員として生きるのですから、自由に生きてよいといっても、好き勝手に生きてよいはずはなく、自ずとその限界はあるでしょうし、そのことを弁えていなければならないでしょう。他者に対する迷惑も考えずに好き勝手に生きるというのは利己主義であり、そのような利己的な生き方と、一個の人間として自立して、そして自分が社会で生きることに対しては常に責任が伴うということを自覚している生き方は、別個のものです。人は、自立心を確立して生きる個人主義と自分本位な生き方の利己主義を混同してはならないでしょう。

 人々で成り立つ社会で生きるということは、多くの人々に支えられて自分が生かされていることですから、社会に対して自分も応分の責任を果たさなければならないのです。それが、人は支えあって生きているということの意味ではないでしょうか。社会人であるかぎり、社会に対して応分の責任を負い、そしてそれを果たすことも、自立した人間としては当たり前のことでしょう。社会に対して責任を果たすというのは、老齢者も子供も弱者もすべての人が平穏に暮らせるような、より良い社会になるように、自分にとってできるかぎりのことをして社会に貢献するという意味です。それは社会に対して何か特別に大きな貢献をするとかいうのではなく、年老いた親に対して精神的にも物質的にも自分ができる範囲内での支援をするとか、近隣の人々と仲良く暮らして、人々の心が調和している住環境にするとか、善意の人々が集まってボランティア活動で、苦境にある人々に救いの手を差し伸べるとかの些細なことであり、人間として当たり前のことをして、人々が仲良く暮らせる社会を作り、そしてそのような住みよい社会を維持していく努力をするだけのことです。それが、人は社会の中で支えあって生きているという意味であろうと私は思っています。

 精神的に自立している人間に成長するかどうかは、基本的には親の、子供に対する育て方と教育によるのでしょうが、人間にはその人独自の性格と生来的な傾向性を有しているものです。親がそれほど手をかけなくても幼い段階で自立心の萌芽を見せる子供もいるでしょうし、これとは反対に、依存心が非常に強い子供もいることでしょう。しかし、概して日本の親たちは我が子に対して甘やかしすぎるのではないでしょうか。子供を深く愛することと、溺愛して子供を甘やかすことは、当然ながらその意味が違います。子供を可愛がって、深い愛情を注ぐのは非常に良いことだと思います。そして子供が幼児であるうちは、深い愛情を以って幼な子を慈しみ育むことは当然のことでしょう。子供に自立心を植えつけたいといっても、ごく幼いうちから親から厳しく躾られたのでは、素直な子供もいじけた子供になってしまうと思います。従って、子供を育てながら躾をして立派に成人させることは並大抵なことではありません。親になることは、それほどに大変なことなのでしょう。けれど、その大変なことを成し遂げて、人間としての喜びを味わえるのであり、円熟した人間になれることの機縁を子供を通して与えてもらったことに感謝できるのではないでしょうか。生まれてから死ぬまで、人がこの世で生きるかぎり、人は他者を介して常に学ばせてもらっているのであり、すべての人間にとって生きることは、休むことがない精神進化の過程であって、気楽な生などありません。透徹した目で人間の生の全体性を俯瞰すれば、人間の生とは、精神的に成長し続ける過程にあって、進歩向上から瞬時もそれることはできないということが理解できるのではないでしょうか。そのとき、人は存在し続けることの意味を理解して、物理現象界から高次の意識界へと向かう機縁に触れて安心立命の境地に達するのです。

 

気功,気功 脳性麻痺に線維筋痛症治療に気功治療脳性小児麻痺に気功療法脳性麻痺症状と気功治療気功瞑想教室,気功治療,気功治療超能力治療,ヒーリング治療,気功治療,うつ病治療に脳性小児麻痺治療に気功治療脳性麻痺の症状に気功治療などに圧倒的に優る天啓気療ヒーリング