気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方 天啓気療の能力と気功の能力の違い  気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

気功術やレイキに優る効果を証明する体験談

サイトマップ サイトマップ 気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療で改善及び期待できる事
気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療とはどのように実施する 病気にならない為の教訓とは 私、北沢勇人より挨拶
気功,気功術,気功治療などに優る天啓気療に対して寄せられた体験談 気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療の能力と気功治療の違い
病気の原因及び改善する病名など 気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療を受ける間隔について 好転反応と思われる現象
質問に対する回答 気功治療にもあらゆる療法にも優る訳 気功治療にもあらゆる療法にも優る天啓気療が初めてで不安感じる方へ
優れた治療師か見分ける方法 私のプロフィール 私の病気体験から 天啓気療院のブログ 自律訓練法について 書籍の刊行について
案内地図や連絡先,料金など 潜在能力開発及び自然治癒能力の向上 気功治療は勿論,あらゆる療法に優る天啓気療
                                  

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方天啓気療の特徴と気功やレイキ及び様々な各種療法などとの違い

 
 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方1番目にくるのが気功治療やレイキ治療などがあります。この治療方法は、誰であっても訓練をすることにより可能になります。よって、簡単に誰でも治療師になれるとして多くの気功教室やレイキ教室などが存在しています。
 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方2番目にくるのが霊的治療です。この治療方法は、誰であっても持っている霊的な力や念力などによる治療のことを指します。自分の念を集中させ、病気などを正常な状態にするのです。
 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方最後にくるのが、私が実施している方法です。この治療を実施できるようになる為には、私が体験したチャクラの覚醒及びクンダリニーの上昇体験後でなければならないのです。クンダリニーの上昇及びチャクラの覚醒体験後に神業とも言える能力を発揮できるようになるのです。よってその能力を神様から授け与えられた能力であるとか、サイ能力とか超能力である、などと述べられるのです。

 チャクラはどなたでも、気の次元では活動していると言われています。そのチャクラがアストラル次元やカラーナ次元へ覚醒する事を、一般には、覚醒したとかサイ能力者になったとか超能力者になったなどと言っております。

 呼吸法、瞑想、断食、水行、滝行など長い期間修行を続けた場合には、本来人間の持っている能力が向上し、チャクラが活発に活動をしてきた場合に起こる現象なのです。

チャクラが覚醒すると、どのような能力が発揮されるかと言うと、「病気を治したり病気を癒す」「透視をする」「予言をする」など、特に病気を治療する事や癒す事をしたりする人の場合には、心の底からの思いやりや、自然の法則に即した自然なる愛が大切であると言われているのです。

 気功、つまり、気のエネルギーの場合はどのようなものかと言うと、誰でも働いているものなのです。気功、つまり、気の次元のエネルギーは、自分自身の身体の中でも働くが、身体の外へも出して他人へも働きかける事もできるのです。気功術というのは、その気のエネルギーを他人の身体に働きかけ、自然治癒能力を活性化させ、健康な状態に導いて整えようとするものなのです。

 気のエネルギーの場合は、物理的次元であるため、せいぜい2〜5メートルぐらいの距離が有効なのです。それ以上離れて行うと、あまり身体に良く作用しなくなるのです。5メートルとか10メートル以上距離がある場合には、もう気功はほとんど効果が期待できなくなるのです。

 チャクラが覚醒してアストラル次元や、カラーナ次元のエネルギーを作用させる事のできる人の場合には、距離に左右される事はなく、東京であろうが外国であろうが届き、そして、作用して効果があるのです。そこの部分に非常に違いがあるのです。

 アストラル次元のエネルギーやカラーナ次元のエネルギーは、つまり、物理的次元ではなく、特にクンダリニーが上昇し、チャクラが覚醒した場合にのみ発揮できる特殊能力であり、気功のように肉体に働きかけるエーテルエネルギーではなく、心や魂に働きかける事のできるエネルギーであり、全く性質の違うものなのです。

 アストラルエネルギーや、カラーナエネルギーをコントロールできる人をサイ能力者とか超能力者などと呼んでいるのです。ですから、どの次元で覚醒したかで働き方や、作用の仕方が全く違うわけなのです。

 ただし、アストラルエネルギーやカラーナエネルギーをコントロールできる方の実施する治療や癒しの効力は、幽体離脱現象などと同様、距離に左右されない事は事実なのですが、現時点では、私としても全くわからない事柄なのです。